マイクロソフトが「Excahnge Server 2007」の製品説明会を実施―来場者には W-ZERO3[es]の貸与も

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

マイクロソフトが「Excahnge Server 2007」の製品説明会を実施―来場者には W-ZERO3[es]の貸与も

■トピックスの内容


マイクロソフトは、本日都内において「Microsoft Exchange Server 2007」の製品戦略説明会を実施した。説明会では、同社インフォメーションワーカービジネス本部の本部長を務める横井伸好氏が登壇。製品に関する説明を行った。

「Microsoft Exchange Server 2007」は、高度なセキュリティ、コンプライアンス(Compilance=法令遵守)機能を標準で搭載し、64 ビットにも対応したメッセージングシステムサーバー製品の最新版。すでに 12 月 1 日からは企業向けのボリュームライセンス提供が開始されており、2007 年 1 月 30 日からはパッケージ版の提供も開始される予定だ。

説明会では、製品の説明が行われたほか、トランスポートルールやジャーナリングといった機能のデモンストレーションも行われた。リモートワイプ機能に関する説明では、実際にデスクトップ PC から Windows Mobile 5.0 搭載 PHS 端末「W-ZERO3[es]」上のデータを消去するデモンストレーションも行われた。

会場には、Exchange Server 2007 を支えるビジネスパートナーとして、ウィルコム ソリューション営業本部ソリューション推進部長の深見一一氏、大塚商会 マーケティング本部テクニカルプロモーション部 執行役員の後藤和彦氏、富士通 ストレージシステム事業本部プロジェクト部長の赤坂勉氏らも登壇。Exchange Server 2007 を活用した各社のソリューションに関する説明を行った。

なお、説明会の終了後には、出席者にトライアルを目的とした W-ZERO3[es]の貸与も行われた。

さらに詳細なレポートはこちら


マイクロソフトが「Excahnge Server 2007」の製品説明会を実施―来場者には W-ZERO3[es]の貸与も


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3684d)