“ウィンドウズ ケータイ”の 1 周年を記念したイベントが東京・丸の内で開催

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

“ウィンドウズ ケータイ”の 1 周年を記念したイベントが東京・丸の内で開催

■トピックスの内容


先日のトピックでもお伝えした日本経済新聞 電子メディア局とマイクロソフトのイベント“ウィンドウズ ケータイ 1st Anniversary”が、東京・丸の内の丸の内 OAZO OO 広場(おおひろば)で開催された。開催期間は明日 20 日までとなっている。

同イベントは、OS に Windows Mobile 5.0 を採用した“ウィンドウズ ケータイ”の 1 周年を記念したもの。イベントの開始に先駆けて行われた記者説明会では、マイクロソフト執行役常務 ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏が登壇。Windows Mobile 端末の現状と今後の展開について説明を行った。

佐分利氏は、世界市場でコンバージ端末――いわゆるスマートフォンの成長率が高いことを例に挙げ、ビジネス市場での開拓がこれからという段階の日本市場でも、今後は市場の大きな成長が望めると語った。同氏によると、「ウィルコムの「W-ZERO3」発売から 1 年が経過した現時点では 2 キャリア 5 端末にとどまっているが、2007 年には最低でも 10 端末を発売する予定であるとのことだ。また同氏は、昨年から今年にかけて出荷台数が 3 倍に伸びたことを受けて、今後 3 年間に毎年出荷台数を 3 倍ずつ増やしていく“3 × 3”を目指す事も明らかにした。

説明会には、ウィルコム営業開発部の太田靖士氏、NTT ドコモ プロダクトビジネス部の廣野正彦氏、ソフトバンクモバイル マーケティング本部 MD 統括部の田中義昭氏らも訪れ、ウィンドウズ ケータイの市場拡大に期待するコメントを寄せた。

会場では、W-ZERO3 、W-ZERO3[es]、hTc Z 、X01HT などの実機を使用した Windows Vista との連携機能なども体験できるタッチ & トライイベントやミニセミナーが行われるほか、端末に精通したスタッフが疑問に答える Q & A コーナーも設けられているので、ウィンドウズ ケータイに興味を持たれた方は、ぜひ足を運んでみてほしい。


“ウィンドウズ ケータイ”の 1 周年を記念したイベントが東京・丸の内で開催


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3099d)