hTc Z も対象機種に――国際ローミング時に発生する不具合で NTT ドコモが FOMA カードの交換を実施

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

hTc Z も対象機種に――国際ローミング時に発生する不具合で NTT ドコモが FOMA カードの交換を実施

■トピックスの内容


NTT ドコモは、昨年 7 月に「SIMPURE N」「SIMPURE L」の一時販売停止という事態を招いた事象に関して調査を行った結果、新たな条件下で同様の事象が発生することを確認したことを明らかにした。事象発生の可能性があるのは「SIMPURE N」「SIMPURE L」「NM850iG」「hTc Z」「BlackBerry 8707h」の 5 機種。

今回の事象は、対象機種と一部の FOMA カードを組み合わせて利用した際に、一部の海外事業者ネットワークにおいて携帯電話とネットワーク間で行われる認証が正常に完了しないというもの。事象発生後は、携帯電話が圏外表示のまま、日本に帰国した後音声通話およびパケット通信(i モード含む)ができなくなる。これは、海外事業者とのネットワーク認証を行う際に 3GPP 規格に準拠しない手順で処理された信号が送信される場合、携帯電話側が不正な信号として処理するため。

NTT ドコモでは対策として、同事象が発生しない FOMA カードへの交換を行うとのことだ。対象となる FOMA カードを所有するユーザーには、NTT ドコモからダイレクトメールで連絡が行われる。なお、hTc Z および BlackBerry 8707h に関しては、事象が発生しない FOMA カードとの組み合わせで販売が行われており、対象となるのは本体と FOMA カードを別々に購入したユーザーのみとなる。


hTc Z も対象機種に――国際ローミング時に発生する不具合で NTT ドコモが FOMA カードの交換を実施


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2956d)