総務省がイー・モバイルによる基地局の開設計画の変更を認定

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

総務省がイー・モバイルによる基地局の開設計画の変更を認定

■トピックスの内容

総務省は、イー・モバイルが 2005 年 11 月 10 日に申請した、1.7GHz 帯の周波数を使用する特定基地局の開設計画の変更を認定したことを明らかにした。

今回の変更で、2010 年度に設置される予定の基地局数が 1 万 5,210 から 1 万 3,563 に、陸上移動中継局の数が 2,696 から 397 に減少している。さらに関東では 2006 年度、そのほかの地域では 2007 年度に予定していた人口カバー率 50% を達成する時期を、関東、東海、近畿は 2008 年度に、北海道、信越、九州は 2009 年度、東北、北陸、中国、四国、沖縄は 2010 年度に変更されている。そのほか 2011 年度末の加入数の見込みが、505 万人から 421 万人へと修正されている。

なお総務省は、イー・モバイルによる今回の計画変更は、NTT ドコモからのローミングサービスの提供が基本合意に至ったことや、基地局の設置場所の確保が難航していたことなどの理由があったとしている。


総務省がイー・モバイルによる基地局の開設計画の変更を認定


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3849d)