X01HT ホワイトカラーの売れ行きは?――タッチ & トライイベント最初の週末にソフトバンク原宿を直撃

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

X01HT ホワイトカラーの売れ行きは?――タッチ & トライイベント最初の週末にソフトバンク原宿を直撃

■トピックスの内容


昨日(3 月 16 日)よりついに発売が開始されたソフトバンクモバイルの Windows Mobile 5.0 搭載スマートフォン「X01HT」のホワイトバージョン。先日のトピックでもお伝えしたように、東京・原宿のソフトバンクショップ“ソフトバンク原宿”と小田急線新宿駅の“Q's カフェ”、福岡の福岡 Yahoo! JAPAN ドームでは、発売に合わせてタッチ & トライイベントがスタートしている。イベント開始後最初の週末を迎えた本日、ソフトバンク原宿を訪れてみた。

訪れてまず驚いたのは、広いショップのかなりのスペースを使って X01HT の展示が行われていたこと。中にはいるとまず HTC 製端末のファンサイトととして知られる“htc Fan Site”のスタッフが厳選した「Nine Hole Golf」や「Google Maps for PocketPC」などをインストールした X01HT がずらりと並んでお出迎え。さらに奥に進むと、とりあえず巨大量販店でもほかのソフトバンクショップでも絶対に見られない膨大な数の実機が展示されている。

今回のイベントに協力している htc Fan Site のスタッフによると、「ザウルスを使っています」という女性など、PDA 好きの人たちももちろん来店したそうだが、普通の人たち(いわゆる普通の端末を求めてショップに来ているスマートフォンというものを知らない人々のことだと想われる)も同端末には強い興味を示していたとのこと。フルブラウザの性能をチェックしたり、株取引が出来るのかを訪ねたりと、熱心に質問を投げ掛けていたようだ。ちなみに展示スペースでは、ネットワーク映像配信ユニット「Slingbox」の無線 LAN によるデモンストレーションや専用ケース、ワイヤレス・スピーカーフォンの展示なども行われていた(最も人気が高かったのはやはり Slingbox だそうだ)。

今回の取材中、(イベント中とはいえ)あまりにも X01HT を手に取る人が多いため、実際の売れ行きはどうなのかをスタッフに確認したのだが、何と午前中に一度ホワイトバージョンが売り切れてしまったそうだ。さすがに「大々的にイベントをやっているショップで昼前に売り切れではシャレにならない」と慌てて補充をしたとのことだが、その補充分もすぐに売り切れ(!)。早々に再補充分を手配したとのこと。筆者が取材をしたのは午後 2 時ごろだが、一体閉店時間までに何度補充が行われたのか非常に気になるところだ。

余談になるが、ホワイトバージョンに引っ張られたというわけでもないだろうが、従来のブラックバージョンもこの日は売れ行きが割合好調だったようだ。ちなみに、この週末に同ショップで行われている“ソフトバンク原宿スペシャルキャンペーン”の一環として、X01HT を体験し、成約したユーザーにはステキな賞品が贈られるとのこと。賞品は数に限りがあるので、購入を考えている方は早めにショップへと足を運んだ方がいいだろう。


X01HT ホワイトカラーの売れ行きは?――タッチ & トライイベント最初の週末にソフトバンク原宿を直撃


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2894d)