富士通フロンテックが世界初のカラー電子ペーパー採用端末をサンプル販売開始――薄さは 12mm

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

富士通フロンテックが世界初のカラー電子ペーパー採用端末をサンプル販売開始――薄さは 12mm

■トピックスの内容


富士通フロンテックは、世界で初めてカラーの「電子ペーパー」技術を採用した携帯情報端末「FLEPia(フレッピア)」の国内向けサンプル販売を 4 月 20 日より開始したことを明らかにした。販売は企業向けに 10 台単位で行なわれており、10 台あたりの価格はA4 サイズのものは 2,625,000 円、A5 サイズのものは 1,575,000 円。出荷時期は 10 月末を予定している。

「FLEPia」は、電源を切っても静止画像を半永久的に表示できる「電子ペーパー」技術を採用した端末。画面サイズが 12 インチの A4 タイプと、8 インチの A5 タイプの 2 種類があり、いずれも解像度は 768 × 1,024 ドット(XGA)。8 色または 4096 色のカラー表示に対応している。
また、両タイプともに薄さは 12mm で、重量は A4 タイプが 480g、A5 タイプが 320g。最大で 50 時間の連続使用ができる。

操作はタッチパネルになっているディスプレイで行なうほか、上下左右、決定を指示できるスクロールボタンと、6 つのファンクションボタンが用意されている。
コンテンツはSDメモリーカードに入れて保存することになる。

OS には WindowsCE 5.0 を搭載。コンテンツブラウザだけではなく、インターネットブラウザや電子メールなど各種ソフトウェアの利用や、ドキュメントの参照もできる。ソフトウェアキーボードとタッチペンを使って文字入力も可能だ。

なお、「FLEPia」は、5 月 17、18 日に東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2007」に出展される。



Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3099d)