NTT ドコモが、夏モデル「904i」シリーズ 5 機種を発表――同時に携帯電話向け定額制楽曲配信サービスを開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTT ドコモが、夏モデル「904i」シリーズ 5 機種を発表――同時に携帯電話向け定額制楽曲配信サービスを開始

■トピックスの内容


NTT ドコモは、新しい FOMA 携帯電話端末「904i」シリーズを、5 〜 6 月以降に発売することを明らかにした。また、同時に対応サイトから、定額で 3GPP 形式の楽曲をダウンロードできるサービス「うた・ホーダイ」を開始する。

今回発表された新機種は 5 つ。
「D904i」は、加速度センサー搭載し、端末を振ったり、傾けたりすることで操作が行なえる、三菱電機製のスライド端末。
「F904i」は、3.1 インチディスプレイを備えた、富士通製のワンセグ対応端末。ディスプレイ部を 90 度傾けると、表示が横向きに切り替わる「ヨコモーション」に対応している。
「N904i」は、HSDPA 方式に対応した折りたたみ式の端末。デザイナー、ステファノ・ジョバンノーニ氏とのコラボレーションモデルだ。
「P904i」は、「Newカスタムジャケット」に対応し、非対称のデザインを採用したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の端末。
「SH904i」は、タッチパッドのようなインターフェイス「TOUCH CRUISER」パッドを採用した、シャープ製の端末となる。

これら新端末の発売と同時に、定額の音楽配信サービス「うた・ホーダイ」を開始する。現在、ナップスターが運営するサービス「Napster」などの対応が発表されている。料金はサイトによって異なる。

なお、いずれの新機種も、2.8 インチ以上のディスプレイ、320 万画素以上の AF カメラを搭載。1 台の携帯電話で 2 台分の電話番号やメールアドレスを使い分けできる新サービス「2in1」、フルブラウザ、GPS、WMA ファイルなどにも対応している。

(写真は左から左から「D904i」、「F904i」、「N904i」、「P904i」、「SH904i」となる)



Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)