ウィルコムが 6 年ぶりとなる東芝製端末「WX320T」を 7 月上旬に発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ウィルコムが 6 年ぶりとなる東芝製端末「WX320T」を 7 月上旬に発売

■トピックスの内容


ウィルコムが、PHS 端末「WX320T Carrots」(東芝製)を 7 月上旬に発売することを明らかにした。ボディカラーはホワイトとブラックの 2 色。価格はオープンプライスで、新規購入時の店頭価格は 10,000 円程度になる予定だ。

「WX320T Carrots」は、「使いやすいコンパクトなフレンドリー端末」をコンセプトとした、折りたたみ型の W-OAM 対応 PHS 端末。W-SIM を採用せず、ウィルコムの音声端末としては初となるアンテナの内蔵により、幅 50mm ×高さ 97mm ×奥行き 21mm(折りたたみ時)、重さ約 50g のコンパクトさを実現。また、大型のダイヤルキー「でかキー」の採用や、片手でも開きやすい形状などで使いやすさを追求している。

ディスプレイは 2.4 インチの QVGA 液晶。PC 向け Web サイトが見られるフルブラウザ「NetFront V3.4」や、Word、Excel、PowerPoint、PDF ファイルを閲覧できるドキュメントビューアを搭載。そのほか、IC レコーダー機能、赤外線通信機能、電波の強い基地局に切り替えられる「ベストコネクト」機能などを備えている。

なお、ウィルコムでの東芝製端末の発売は初。DDI ポケット時代までさかのぼっても、2001 年発売の「Beat Carrots」以来 6 年ぶりの新作となる。
ブランド名の「Carrots」は、1995 年に発売されたニンジン色(オレンジ+グリーン)の端末「Carrots」から受け継いだものとなる。


ウィルコムが 6 年ぶりとなる東芝製端末「WX320T」を 7 月上旬に発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)