ソニーが光センサー方式のタッチパネル機能を内蔵したモバイル向け低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ソニーが光センサー方式のタッチパネル機能を内蔵したモバイル向け低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発

■トピックスの内容


ソニーは、タッチパネル機能を液晶パネルに内蔵した低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発したことを明らかにした。

今回発表された液晶ディスプレイは、晶駆動回路や電源回路等をディスプレイのガラス基板上に形成する“システムオングラス”の技術を進化させ、光センサーと読み出し回路をガラス基板上に形成することで実現したもの。液晶セル内に光センサーを形成することで、従来型タッチパネルで問題となっていた薄型化や画質・デザインの自由度を向上させることが可能になる。

また同時に行われた光学設計の最適化やセンサー信号処理技術の開発によって光センサー信号の S / N も向上しており、外光や表示画像の影響を少なくした上で、指やスタイラスによる安定した操作ができるようになっている。


ソニーが光センサー方式のタッチパネル機能を内蔵したモバイル向け低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3769d)