ソニーがかざすだけで膨大なデータを瞬時に送信する近接無線転送技術「TransferJet」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ソニーがかざすだけで膨大なデータを瞬時に送信する近接無線転送技術「TransferJet」を発表

■トピックスの内容

ソニーは、携帯電話やデジタルカメラ、デジタルビデオカメラなどのモバイル機器から、動画・静止画などの大容量ファイルを超高速でパソコンやテレビに転送できる近接無線転送技術「TransferJet」 (トランスファージェット) を開発したことを明らかにした。

同技術は、従来の無線技術の課題であった複雑な接続設定や不安定なデータ転送状態などの課題を解決した無線技術で、モバイル機器を転送したい機器 (テレビ、パソコンなど) にかざすだけで、物理層の転送レートで 560 Mbps 、エラー訂正やプロトコルのオーバーヘッドを考慮した実効レートでも 375Mbps という超高速でデータの転送ができる。また、通信状況に応じて最適な転送レートを選択する機能も搭載されており、通信状態に応じて自動的に転送レートを変化させながら通信を維持することも可能となっている。

ほかの無線システムにほとんど干渉を与えない、多数のユーザーが同時使用しても性能低下がないなど、微弱出力の近接専用無線システムならではのメリットも備えており、今後さまざまな製品での活用が期待できそうだ。なお、同技術は現地時間 1 月 7 日から米国で開催されるイベント“CES International”で参考展示が行われる。


ソニーがかざすだけで膨大なデータを瞬時に送信する近接無線転送技術「TransferJet」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)