NVIDIA が Windows Mobile 向けの次世代プロセッサ「APX2500」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NVIDIA が Windows Mobile 向けの次世代プロセッサ「APX2500」を発表

■トピックスの内容


米 NVIDIA は、現在スペインで開催されている世界最大規模のモバイル機器関連イベント「Mobile World Congress 2008」において、Windows Mobile 向けアプリケーションプロセッサ「APX 2500」を発表した。

APX 2500は、Windows Mobile を採用した携帯端末で、写真のような 3D ユーザーインターフェイスや、HD 品質 (720p) のビデオ再生を可能とする高性能・低消費電力のプロセッサ。超低消費電力版 (ULP) の GeForce コアを搭載することで、OpenGL ES 2.0 や Direct3D Mobile をサポート。さらに低消費電力技術“nPower”によって、ビデオ再生で 10 時間以上、オーディオ再生で最大 100 時間という驚異的な駆動時間を実現しているのが特徴だ。映像出力も、デュアルディスプレイや SXGA解像度の PC 向けディスプレイ、Sビデオ/コンポジット、HDMI に対応している。

すでにサンプル出荷は開始されているとのことで、今年の第 2 四半期末までには量産も開始される予定だ。


NVIDIA が Windows Mobile 向けの次世代プロセッサ「APX2500」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)