日本 HP が Windows Mobile 6 Classic 搭載「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

日本 HP が Windows Mobile 6 Classic 搭載「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」を発表

■トピックスの内容


日本ヒューレット・パッカード (以下、日本 HP) は、4 インチの大型 VGA 液晶と CF / SD カードスロットを備えた PDA の新製品「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」を本日発表した。販売は、本日より同社のオンラインストア“HP Directplus”で開始されており (※) 、価格は 5 万 2,500 円 (税込) となっている。

iPAQ 212 は、OS に Windows Mobile 6 Classic を搭載したスタンダードな PDA 製品。2 年前に惜しまれつつも販売が終了した人気製品「HP iPAQ hx4700 Pocket PC」の後継モデルで、4 インチの大型液晶や SD (SDHC 、SDIO、MMC 対応) / CF のダブルスロットなど、iPAQ hx4700 の特徴を色濃く受け継いでいる。CPU には Marvell PXA310 624MHz プロセッサを採用し、256MB ROM+128MB RAM の大容量メモリを搭載。通信機能も無線 LAN に加えて Bluetooth 2.0+EDR も利用できるなど、高い性能を備えている。

現在国内では携帯電話としての機能を備えた、いわゆる「Windows ケータイ」が中心となっているが、通話機能を省いたシンプルな PDA を使いたいという方には待ちに待った新製品と言えるだろう。

※HP Directplus コールセンターでは4月上旬から販売開始予定


日本 HP が Windows Mobile 6 Classic 搭載「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3621d)