iPhone 3Gって何台売れたの? WindowsケータイFANで勝手に計算してみた

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

iPhone 3Gって何台売れたの? WindowsケータイFANで勝手に計算してみた

■トピックスの内容

先の記事のとおり、そろそろ誰にでも買えるようになった「iPhone 3G」。先週末の2008年8月1日時点で、おおよそ何台くらいが売れたのだろうか。

ここでは、いくつかのニュースサイトの情報を組み合わせて、国内での iPhone 3G販売台数を推定してみた。

推定の根拠としてまず参考にさせていただいたのが、BCNランキングの「ついに上陸iPhone-日替わり情報徹底特集 (BCNランキング)」という記事。こちらでは、日替わりで機種別販売台数シェアを掲載している。この数字全国の量販店 POSデータを元にしているため、8月現在で報道されているニュース記事の中では比較的、素性が明らかであるため、こちらの数字を基礎数値として用いた。

ただし、この情報はシェア数であるため、絶対数への変換には、そのほかの物差しが必要になる。

この物差しとして、二つの情報を利用した。
推定方法1は、CNET Japanのニュースからもリンクされていた「A look at who's making iPhone 3G purchases thus far」だ。こちらによると iPhone 3Gの初期出荷数は、2.5万台だったという。7月11日の販売数が 2.5万台だったと仮定して、7月11日〜8月1日を相対的に積み上げてみるとおおよそ8.2万台という結果が得られる。

推定方法2は、2007年の携帯電話端末数 5,230万台を元にする方法だ。単純に 1年 = 365日で割ると、1日当たりの販売台数は 14万台。携帯電話の契約数は一般的に年末年始に大きくなることを想定すると、この数は7月における契約数の上限値と考えてもいいだろう。この数字を元に、店頭シェアを日々かけていくと、その積み上げは同じ7月11日〜8月1日で、おおよそ22万台になる。

おそらく正解は、この8.2万台〜22万台の間にあるだろうと想定される。
ここから先は、WindowsケータイFANでの勝手推定になるだろうが、7月の契約数は必ずしも大きくないこと(推定方法2は大きすぎる)。一方で、ソフトバンクショップでの契約がこのPOSには組み込まれずに出されていること(推定方法1は少なすぎる)を考慮すると、実際のところは、この週末までで、iPhone 3Gは国内出荷台数ちょうど10万台を出荷したというあたりが正解なのではないだろうか。

正解を知っている人がいたら、ぜひ教えてください。

【引用リンク】
ついに上陸iPhone-日替わり情報徹底特集 (BCNランキング)
日本のiPhone販売数は世界のたった2.5%? (CNET Japan)
A look at who's making iPhone 3G purchases thus far
ガートナー調査、2007年の国内携帯販売数が史上最高に

Apple Store(Japan)


iPhone 3Gって何台売れたの? WindowsケータイFANで勝手に計算してみた


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3652d)