最低料金の引き下げで、「iPhone 3G」の所有コストが Windowsケータイ並みに

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

最低料金の引き下げで、「iPhone 3G」の所有コストが Windowsケータイ並みに

■トピックスの内容

iPhone 3Gの価格発表時の記事(iPhone 3Gのスーパーボーナス時の料金が決定、月額 7,280円+端末は月額 960円)で、iPhone 3Gと Windowsケータイの最低所有コストを比べたところ、なんと、iPhone 3Gの所有コストは2年縛りで20万円に達していることを紹介した。

ところが、その後、8月5日、ソフトバンクのパケット定額フルの最低利用料金が引き下げられたことで、この「iPhone 3G」の最低所有コストが引き下げになった。ここでは、再度、iPhone 3GとWindowsケータイの最低所有コストを比較してみた。結果、「iPhone 3G」をただ契約して、ホワイトプランのみを利用し、パケット利用も最低限に抑えれば、Windowsケータイ並みの所有コストで遊べることが明らかになった。

そうはいっても、すでに「WILLCOM 03」「EMONSTER」などのWindowsケータイを利用しているユーザーにとって、もう一台「iPhone 3G」を契約するというのは、費用的にはちょっと辛いかもしれない。そんな場合に、無線LAN環境下など利用エリアを限ってもよいので、Safariを使いたい、AppStoreを利用してみたい、iPhone 3G用のソフトを活用したいということであれば、「iPod touch」もオススメだ。携帯電話の場合、自社の3Gネットワークでは利用できるが、無線LAN環境では利用できないアプリケーションソフトが多い中、iPhone 2.0 は、3Gネットワークと無線LANを原則区別しないため、iPhone 3G用のソフトウェアのほとんどを iPod touch で利用することができる。もともと、AppStore自身、10MBを超えるアプリケーションソフトは、無線LAN経由でないと購入することができないのだ。「iPod touch」を買っただけでは、iPhone 3G用のソフトを使うことはできないので、iTunes Storeで、「iPhone 2.0 Software Update for iPod touch」を購入するのだ。1,200円のアップデートで、AppStoreも利用することできるようになるぞ。

【関連リンク】
・iPhone 3G まとめサイト
http://iphone.windows-keitai.com/

Apple Store(Japan)


最低料金の引き下げで、「iPhone 3G」の所有コストが Windowsケータイ並みに


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)