4,800前後に 4,800前後に " />

フルハイビジョンディスプレイがさらに一回り低価格〜実売

4,800前後に
このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

フルハイビジョンディスプレイがさらに一回り低価格〜実売 \34,800前後に

■トピックスの内容

メーカー製の32型〜37型のいわゆる薄型大画面テレビの値下がりが続いているが、パソコン用のフルハイビジョンディスプレイならさらに安価に入手できるようになった、という話。本日発表になったベンキュー(BENQ)ジャパンの「E2200HD」は、22型でありながら 1920×1080 のフルハイビジョン解像度を持ったディスプレイだ。従来22型は、1680×1050 と、一回り表示ピクセル数が少ないものが一般的で、1920×1200を利用するには最低24インチ以上のディスプレイを利用する必要があった。本 E2200HD は、画面が 24型より一回り小さく、それに伴って画素が小さくなっていることを除けば、入力端子も HDMI、D-Sub15ピン、DVI-Dの3つの端子が揃っており、従来機種と遜色ない。これが、発売当初から、24型フルハイビジョンディスプレイの約4万円〜5万円から、1万円以上安価な \34,800 で購入できるのは嬉しいことだ。

発売は9月下旬から。ちょうど、パソコンの作業用等でフルハイビジョンディスプレイがほしいなと思っている人は、特に急いでなければ、この製品を待ってみるのも手だろう。

ちなみに、最近の相場だが、フルハイビジョンディスプレイの場合、24型でフルハイビジョン解像度を持ち、コンポジットビデオ入力のRCAピン、S端子、D端子入力などが使えるマルチメディアタイプのものは、7万円〜12万円程度。次のレンジが D-Sub、DVI-D、HDMI端子などを搭載して、パソコンのディスプレイ専用として利用できるものが4万円〜5万円が相場なので、一回り小さくて、3.5万円というのはなかなか購買意欲をそそる価格設定と言える。なお、E2200HDについては、スピーカーも内蔵されているようなので、HDMI入力なら音声出力も使えそう。ただし、PLAYSTATION3やブルーディスク、映像配信のディスプレイとして利用する場合には発色や、スピーカーの品質も考慮に入れるべき。これらの低価格ディスプレイより、10万円強出して、シャープや東芝等の製品を買った方が発色は綺麗な気がする。

■ 関連リンク
BENQ E-shop - ベンキュージャパンeshop


フルハイビジョンディスプレイがさらに一回り低価格〜実売 \34,800前後に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)