ソフトバンクが iPhone 3Gを 1,500社×最大 5台 無償貸与。法人市場で再起を図る

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ソフトバンクが iPhone 3Gを 1,500社×最大 5台 無償貸与。法人市場で再起を図る

■トピックスの内容

7月11日の発売時の熱狂から、一気にメディアに冷や水を浴びせられている「iPhone 3G」人気だが、ソフトバンクは、2008年9月9日、法人顧客向け説明会を開催し、その中で、法人顧客向け説明会に出席した企業を対象に、各社最大5台の iPhone 3Gを3ヶ月間無料で貸与すると発表した。本体価格は言うに及ばず、通信料、通話料もソフトバンクモバイルが負担するという。

企業向けでのスマートフォン導入は、2004年のW-ZERO3頃から徐々に導入が始まっているが、iPhone 3Gが日本上陸し、携帯電話各社が本格的にスマートフォンに取り組み始めた今年がまさに元年。そうした中で、NTTドコモ、ソフトバンク、イー・モバイル、ウィルコムに続き、KDDI(au)もスマートフォンプラットフォームとして、Windows Mobile (Windowsケータイ)を選択するとの報道もある。ソフトバンクでは、iPhone 3GとWindowsケータイを併売する他、NTTドコモも BlackBerry と Windowsケータイを併売しており、まさにこれからユーザーの支持を取り付けていく段階だ。

個人向けに iPhone 3Gがブレイクする兆しがない今、法人向けの動きが2008年下期は要注目かもしれない。


ソフトバンクが iPhone 3Gを 1,500社×最大 5台 無償貸与。法人市場で再起を図る


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3773d)