Windows Vistaの次は「Windows 7」。次世代Windowsの名称が正式に決定

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Windows Vistaの次は「Windows 7」。次世代Windowsの名称が正式に決定

■トピックスの内容

Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaと続いてきた次のマイクロソフトの主力OS名称が正式に「Windows 7」になることがマイクロソフト社より発表された。登場時期は、Windows Vistaから3年後ということで、パッケージ版の登場は2010年1月。OEM版は2009年11月と、今(2008年10月中旬)から1年後の登場となりそうだ。

これまで噂レベルでいろいろな情報が飛び交っていたが、下記のようになったという。

・Windows Vistaを土台としたカーネル構造。
・すなわち、新カーネルはなし
・2008年末には、開発者向けのβ版が配布予定 (10月末のPDCで配布予定)
・Office 2007の「Ribbon」UIが標準ソフトでも採用
・PowerShell Version2が搭載
・HomeGroup - P2Pベースのワークグループ機能が搭載

今後も Windows 7については重要なマイルストーンでは、継続して最新情報をお伝えしたい。


Windows Vistaの次は「Windows 7」。次世代Windowsの名称が正式に決定


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3591d)