「.NET Framework」互換の BREW アプリ開発プラットホームが発表に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

「.NET Framework」互換の BREW アプリ開発プラットホームが発表に

■トピックスの内容

KDDI は、同社の携帯端末に提供されている BREW アプリを開発できる新たな開発プラットホーム“.net by au (ドットネット バイ エーユー)”を発表した。同開発プラットホームの提供はことしの春から無料で開始される予定で、対応端末はシャープ製法人端末「05SH」および「E06SH」となっている。

.net by au は、Windows Vista や Windows Mobile など異なる種類の OS 間で互換性のあるアプリケーションを開発・実行できる Windows 向けアプリケーションプラットホーム「.NET Framework」との互換性を有しているのが特徴。

BREW アプリを開発する際に、.NET Framework の開発ノウハウやソフト資産が利用可能で、より低コスト・短期間での BREW アプリ開発が可能になる。また、BREW アプリと Windows PC をセキュアな Bluetooth 通信で接続し、各デバイスのアプリケーションが連携する基盤を提供することも可能とのことだ。


「.NET Framework」互換の BREW アプリ開発プラットホームが発表に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3823d)