最新のネットブックは、懐かしい10年前のハンドヘルドPC Pro?

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

最新のネットブックは、懐かしい10年前のハンドヘルドPC Pro?

■トピックスの内容

WindowsCE FAN サイトがオープンしてから1年経った1999年。今からちょうど10年前に、Windows CE OSを搭載した「Handheld PC Pro」というフォームファクターが登場した。当時としては、10万円近い価格と、Windows OS が動作せず、アプリケーションがなかなか普及しなかった、などの理由で2年程度で廃れてしまった。その後登場した sigmarion は、Handheld PC 2000 というフォームファクターだったが、その sigmarion III では、Windows CE 4.1 を搭載したハンドヘルドになっていた。

と、昔話を書いたのは、他でもない、本日の AKIBA PC Hotline! で、「ネットブック風のノート型PDA発売、画面もWindows XPソックリ 」という記事が掲載されているのだ。

こちらは、Windows CE Version 5.00 を搭載した英語版のミニノート。
CPU は、ARM 9ベースの 400MHz なんだそうだ。
価格は、特価価格で 19,460円。実売価格は 27,800円とのこと。

気をつけたいのは、ミニノートと異なり、英語版の本機種を買ってきても、おそらく通常の方法では、日本語化などを行うことが困難なことだ。

Atomプロセッサによって、Windows XP の動作するミニノート自身が5万円を切る価格になり、動作時間も 4-8時間と長くなった今、この Windows CE ベースのミニノートが市場でブームすることはないだろうが、長い WindowsCE FAN サイトの愛読者の方なら、とても懐かしいのではないだろうか?


最新のネットブックは、懐かしい10年前のハンドヘルドPC Pro?


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3099d)