新型 iMac 人気は、21.5インチと27インチが二分

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

新型 iMac 人気は、21.5インチと27インチが二分

■トピックスの内容

2009年10月21日、アップルは、iMac、Mac mini、MacBookの新モデルと、新しいマウス「Magic Mouse」を発表した。早速人気のほどを確かめに、アップルストア渋谷店を訪れてみた。

アップルストア渋谷店を訪れたのは、発表・発売日となった10月21日(水) の 20:30頃。発表されたばかりの iMac 4モデルが並んでおり、その後ろには常に数人のビジネスマンや、女性、カップルが並んでおり、使い勝手を試していた。筆者も一通り触ってみたところで、店員の方に、21.5インチのモデルと 27インチのモデルの人気を聞いてみたところ、2人の店員の方、それぞれの感想を教えてくれた。

一人の方の感触では、ほぼ半数ずつ。
もう一人の方の感想も、ほぼ半数ずつだが、初日にしては、思ったより 21.5インチの人気が高いかなという印象だったとのこと。27インチの問い合わせでは、動画編集の使い勝手や、デザインワークなど仕事で Macを使っているユーザーからの問い合わせが多かったそうだ。実際に周りの Macユーザーに関心があるモデルを聞くと、一様に 27インチモデルを上げる声が多い。MacBookのDisplayPort出力を、iMac 27インチモデルに入力して外部ディスプレイとしても使える点が関心の高い理由だとか。

アルミ薄型、LEDバックライトなどのデザインにより、27インチモデルでも質量は 12-13kg とのことで、見た目の大きさよりは重くないし、37型〜42型の薄型テレビが売れていることを考えると、27インチは大きすぎるとはいえない。しかし、21.5インチでも、1920 x 1080 という高解像度を持っている以上、これで十分というユーザーもまた多いわけだ。

と言うわけで、従来の iMac で比べると、21.5インチと27インチは人気を二分して、いずれも注目の高さを感じるが、Windows 7 搭載パソコンがどれも 5万円 〜 10万円未満のゾーンに集まってきていることを考えると、一般的なユーザーからすると、まだまだハイクラスな印象が残るのではなかろうか。


新型 iMac 人気は、21.5インチと27インチが二分


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3254d)