ThinkPad シリーズに低価格モデル「X100e」シリーズが追加。AMDプロセッサを初採用し、IdeaPadシリーズとはスペック比較的には微妙な位置づけ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ThinkPad シリーズに低価格モデル「X100e」シリーズが追加。AMDプロセッサを初採用し、IdeaPadシリーズとはスペック比較的には微妙な位置づけ

■トピックスの内容

2010年1月5日、レノボ・ジャパンは新しいラインナップとなるモバイルノート「ThinkPad X100e」を発表した。「ThinkPad X100e」は、11.6型ながら、1,366 x 768 の表示能力と、LEDバックライト液晶を持つ。また、キーボードは従来の ThinkPad のそれではないが、トラックポイント、マルチタッチ・タッチパッドをサポートするのも魅力だ。それでありながら、本日から、Lenovo Japan 公式サイトでは、キャンペーン価格として \59,850 で販売されている。

 一方、「ThinkPad X100e」の弱点と言えるのだが、最小構成で 1.4kg と重いクラスに属すること。CPU として、AMD Athlon Neoプロセッサを搭載することで、Atom よりパワーはあるようだが、バッテリ駆動時間が 2-5時間と上位の「ThinkPad X200」等に比べて劣っていることだ。Lenovo Japan 公式サイトでは、X200シリーズも 10万円を切る価格で提供されているし、14型〜15型となる Tシリーズも 10万円を切る価格で提供されているので、価格差となる 2〜3万円で得られるものも十分検討してから、購入に踏み切りたいという印象だ。また、IdeaPad U350シリーズ、IdeaPad U150 シリーズとの比較だと、さらに ThinkPad X100e との価格差は小さくなる。

■ 主な仕様

CPU: AMD Athlon Neoプロセッサ MV-40 (1.6GHz, 512KB)
OS: Windows 7 Home Premium 32bit、Professional 32bit、Windows XP Professional
画面: 11.6型LEDバックライト液晶パネル (1,366 x 768)
メモリ: 1GB 〜 4GB
ポインティングデバイス: ウルトラナビ
キーボード: 日本語配列 または 英語配列
カメラ: 内蔵カメラモジュール 約30万画素
内蔵HDD: 160GB / 250GB / 320GB
バッテリ: 3セル / 6セル
ACアダプタ: 65W ACアダプター
Bluetooth: 内蔵オプションあり
ワイヤレスLAN: 内蔵オプションあり
USB2.0: 3ポート


■ フォトギャラリー

x100e_05_redx100e_05

x100e_04_whitex100e-1l

x100e-2lx100e-3l

x100e-4lx100e-5l



ThinkPad シリーズに低価格モデル「X100e」シリーズが追加。AMDプロセッサを初採用し、IdeaPadシリーズとはスペック比較的には微妙な位置づけ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3857d)