iPad販売、世界で 200万台突破。その軌跡を追ってみた

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

iPad販売、世界で 200万台突破。その軌跡を追ってみた

■トピックスの内容

5月31日、米アップルは「iPad」の世界での販売台数が 200万台を突破したと発表した。米国で Wi-Fiモデルを発売したのが 2010年4月3日のことなので、約60日間で 200万台を突破したことになる。

ということで、Windows Phone FAN でも、過去の情報を元に、iPad の販売数推移をグラフ化してみたぞ。

こちらでは凡例のとおり、黒がアップルの公式発表。燈にしているのが主に米国のアナリストの報告結果、そして赤にしているのは事実だ。

ちなみに、日本を含む9カ国での発売が行われるようになった直後の発表だけに、200万台中、どの程度が日本等での販売数などかは不明だ。公式数値的には、4月30日に 100万台を突破した後、アナリストらによると 3Gモデルだけで 5月3日〜5日には 30万台を完売している。その後、週20万台売れているという話があったため、5/6〜12、5/13〜20、5/21〜28 と 20万台ずつ売れていると考えると、すでに日本の発売までに、100万台+30万台+20万台 × 3週で、すでに 190万台が売れている計算になり、日本を含む9カ国では 10万台程度売れていれば、200万代を突破する計算になる。

実際に、9カ国で売れた10万台のうち、日本での販売分が 3-5万台と考えると、意外と実態に即しているのかもしれない。気になる日本での販売数だが、これまでもソフトバンクは、iPhone の販売台数について一度も公式にコメントしたことはなく、今回の iPad でも公表されることはないのではないか、と考えられる。


iPad販売、世界で 200万台突破。その軌跡を追ってみた


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3737d)