1冊100円の PDF化代行サービス「ブックスキャン(BOOKSCAN)」の納期が大幅に短縮、限定プレミアム会員も募集

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

1冊100円の PDF化代行サービス「ブックスキャン(BOOKSCAN)」の納期が大幅に短縮、限定プレミアム会員も募集

■トピックスの内容

先週、1冊90円のPDF化代行サービス「スキャポン」が登場したというニュースをお知らせしたばかりなのだが、元祖 1冊100円のPDF化代行サービス「ブックスキャン(BOOKSCAN)」も、納期を大幅に短縮し、かつ、本の到着即日のスキャン対応も行う限定プレミアム会員サービスを開始したことが明らかになった。

■ 納期が2ヶ月短縮

4月19日のサービス開始以来、ブックスキャン(BOOKSCAN)への依頼は増える一方で、下記のような感じで、日が経つにつれて、どんどん納期が延びるという、大反響な状況だった。そうした中で、先月末にはついに納期が4ヶ月を突破し、もはや、今申し込んでも、忘れた頃に順番がやってくるという状況になっていた。

ところが、この状況が大きく改善された。ブックスキャンからのメールによれば「6月末に目標にしておりました1日の処理量目標をクリア致しましたので、待ち時間を2ヶ月短縮・更新致しました。(6月4日)」とのことで、一気に納期が2ヶ月短縮。しかし、その努力は、そのまま営業に結びついたようで、今も1日あたり、3日分の仕事が舞い込んでいる模様。昨夜の時点では、8月27日が納期になっていたのだが、先ほど確認したところでは、すでに 8月30日が納期となっており、24時間で約3日分の注文が入ったような状況だ。

ちなみに同社の Twitterの書き込みによれば、これでも「6月1日現在で、スキャナー48台、スキャン・OCR用マシン98台。人員の採用も6月末までに20名採用予定です。」とのことで、相当のバックオーダーを抱えている様子が分かる。永続的なサービスではないにせよ、ここ数年は、効率化さえ磨いていけば勝機がありそうだ。

■プレミアム会員サービス開始、Amazonからの直送も可能

もう一つの目玉が、プレミアム会員サービスだ。
こちらは、月額 9,980円と一瞬ドキッとするような価格だが、この価格には50冊分の無料スキャンサービス費用が含まれる。さらに、OCR化と、ファイル名変換サービスが付属していると言う。つまるところ、(100円/1冊 + 100円/OCR・冊 + 50円/ファイル名変換・冊) × 50冊 = 250円 × 50円 = 12,500円 分が、9,980円/月になるというお得な大口パッケージ料金だ。
実際には 50冊まとめてブックスキャンに依頼するのであれば、納期も前倒しになるし、料金も割引になるので言うこと無しだ。

おまけに、このプレミアム会員の間は、Amazon で購入した書籍も (著作権者の同意がある前提だが) 直接、ブックスキャンのオフィスに配送し、そこで PDF化してもらうことができる。そう考えると、書庫に何百、何千冊もある人は、月額会員契約を結んで、毎月 40冊 〜 45冊ずつ PDF化しつつ、Amazon などから新書を買って、これもすぐに PDFにしてもらうという、電子書籍ライフが待っている。万人が使うサービスではないだろうが、すでに数百冊単位で依頼しているユーザーもいるようなので、確実に需要はあると見込まれているのだろう。

■ 参考リンク

2010年4月の 1冊 100円でPDF化代行サービスのブックスキャン (BOOKSCAN) 登場以来、盛り上がってきている電子書籍化 (PDF化) 代行サービス。ということで、興味のある方はぜひバックナンバーもどうぞ。


1冊100円の PDF化代行サービス「ブックスキャン(BOOKSCAN)」の納期が大幅に短縮、限定プレミアム会員も募集


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3711d)