透明ディスプレイに文字や、映像を表示できる。ここまで来たシースルー有機ELディスプレイ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

透明ディスプレイに文字や、映像を表示できる。ここまで来たシースルー有機ELディスプレイ

■トピックスの内容

CEATEC JAPAN 自体が、米国で開催されている「CES」のような、一般消費者に向けのコンセプトに徐々に近づいているような気がするのだが、それでも 6エリアを使った CEATEC JAPAN の半分のエリアは、先端の稼働部品、表示パーツ、センサパーツなどを取り揃えたブースとなっている。その中でも、今回の CEATEC JAPAN 2010 において、ケータイ向けのデバイスとして特にすごいなと思ったのが、これ。

展示していたのは、TDKのブースで「有機ELディスプレイ」だ。
「QVGA有機ELシースルーディスプレイ」ということで、何がすごいって、その「シースルー」っぷりがすごい。かつ、200dpi の解像度を持っているということで、小さいながらも高密度な表示ができている。なかなかこれ単体で採用される用途は少ないかもしれないが、au by KDDI のデザインケータイで、1機種くらい製造・販売してみてくれるといいんじゃないか、と思ったのでご紹介。

p1210901_1

これ。この 2枚の写真が「シースルーディスプレイ」というものを、一目で伝えてくれると思う。
どうでしょうか。このシースルーっぷり。

p1210899_1

p1210898_1

この展示だとちょっとわかりにくい。もっと大胆に裏側に見える指とか、動くものを配置してくれないと。実際に、横目にみて「なんだ、これ?」と思って通り過ぎる人も多かった。もったいない。

p1210897_1

ピンぼけで申し訳ないのですが、実際にはケータイの機能に見立てたアイコンが 3 x 4 で並んでいます。ちゃんと表示されてしまうと、背景は隠れるので見やすいです。
p1210902_1

ないも表示していないと、このとおり。
p1210903_1

こちらもシースルーっぽさがよくわかる写真かと。
p1210904_1

指がそのまま見えます。
p1210905_1

ピントがちゃんと合いました。
漢字とか、線画の細かさ、また QRコード表示にも注目です。
p1210906_1

中間色表示です。
p1210909_1

ヘッドマウントディスプレータイプ。ちなみに、今回は表側から見えるようになっていましたが、実際に利用者側に表示部分を向けた時には、裏側 (つまりヘッドマウントディスプレーを装着した人をみている第三者) からは、何が表示されているかはみえないらしい。一見、シースルーディスプレイというと、裏側からでも表示されている映像がみえそうですが、見えなくすることも可能らしい。まだ単色表示な感じなのが今ひとつですが、デバイスとしての機能は基本的に完成している印象ですね。
p1210900_1




Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3740d)