米パナソニック、PDAに参入! 第1弾は WindowsCE3.0 を搭載した PocketPC ライクな独自モデル

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

米パナソニック、PDAに参入! 第1弾は WindowsCE3.0 を搭載した PocketPC ライクな独自モデル

■トピックスの内容

米パナソニックは、業務用の PDA に初参入した。その参入にあたって採用したのが「WindowsCE3.0」だ。WindowsCE3.0 は Pocket PC のベースとなっている OS で、Pocket PC 以外にも、カシオの BE-300(米国モデル)、BE-500(日本モデル) や、先週 WORLD PC EXPO で発表されたイーヤマ販売の参考出品モデルなどが続々と企画されている。

写真は、下記の米パナソニックのページでみることができるが、「BOOK」という名称に似合わず、形状は、Pocket PC とよく似た 240 x 320 の液晶パネルを持った縦型機だ。CPU には Strong ARM SA-1110 206MHz を採用し、ROM、RAM 共に32MB、ROM はフラッシュROM を採用している。その他は、本体の下に、小型のキーボードが露出しているのが特徴的。

現在、日本のコンシューマー向けモデルが発表されたわけではないが、これで、松下電器産業も WindowsCE OS を採用し、製品開発を行っていることが明らかになった。今回の TOUGHBOOK01 のスペックは、WindowsCE FAN でもたびたび明らかにしているように、「Pocket PC 2002」を採用することができるスペックだ。機が熟せば、次は松下電器の参入か?


米パナソニック、PDAに参入! 第1弾は WindowsCE3.0 を搭載した PocketPC ライクな独自モデル

  • 頑強なハンドヘルド、『Toughbook 01』  (2001/09/25 CNET BRIEFS)
    パナソニックから発売されるこのハンドヘルドは落下衝撃に耐え、湿気、ほこり、かすり傷に強い「頑丈」とうコンセプトで作られている。ちなみに販売は法人向け。
  • TOUGHBOOK (2001/09/24 WindowsCE FAN)
     


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)