Excite@Home破綻、エキサイト日本法人、アットホームジャパンは、サービス継続

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Excite@Home破綻、エキサイト日本法人、アットホームジャパンは、サービス継続

■トピックスの内容

米Excite とケーブルTV会社 @Home が合併してスタートした「Excite@Home」が、先週末遂に破綻した。Excite@Home の資金繰り難は今月頭から話題になっていた。Excite@Home の手がける事業のうち、高速ネットワーク事業は、AT&Tが買収する。ただし、有力なポータルサイトのひとつである「Excite」は、AT&T にとって価値がないと判断されたようだ。今後、どこかが買収しない限り、excite.com は消えてしまう。

一方、Excite@Home に対応した2つの日本法人は、Excite@Home とは別会社であり、事業は継続するとの意思を発表している。

米Excite@Home は、CATV高速インターネットが普及する中で発表された、通信とコンテンツの融合の第一号。合併した99年当初は、今後の新しいインターネットの方向性に影響を及ぼす戦略的な合併と見られたが、その後特に目立った(収益に結びつく)成果があげられなかったようだ。こうした失敗は、インターネットでの個人向けエンターテイメント事業がまだ収益を生むほど成長していないことに起因する。人々に不可欠になるまで無料で配布を続けても、類似のライバルが多いために永遠に有料化することができない構造にある。定着はしてきたが、インターネット・ビジネスはまだまだ規模としては小さい。この点で、Yahoo! BB などが本当に成功できるかどうか、今後が楽しみといえよう。


Excite@Home破綻、エキサイト日本法人、アットホームジャパンは、サービス継続


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)