iモード契約者 3,000万突破、iアプリも 1,000万突破

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

iモード契約者 3,000万突破、iアプリも 1,000万突破

■トピックスの内容

登場以来、成長が鈍化したとはいえ、他のどんな製品も寄せ付けない速度で普及したNTTドコモのiモードが、また記録を塗り替えた。そろそろ頭打ちといわれる携帯電話市場で、iモード契約数だけで、3,000万加入を突破、さらにそのうちの 1/3以上は iアプリ対応。すなわち、ここ1年くらいの間の新しい端末だということだ。

何がすごいといって、iアプリ対応の503iシリーズは、本体価格が初期の 3万円 〜 現在でも2万円前後とそれなりに高価。入門用 Palm デバイスなどに比べれば遥かに高く、CASSIOPEIA l'agenda BE-500 や、低価格 CLIE などに並ぶミッドレンジの商品なのだ。今や携帯電話の本体価格が1円だったことなどは過去の話になってしまっている。(正確には未だにただの携帯電話は1円だったりするが、すでに大半の人は単なる携帯電話端末には見向きもしていないのだ)

こうした中で、いわばモバイル慣れした日本の携帯電話ユーザーは、今後どこへ向かうのだろうか? モバイルで、メール、出会い系サイト、ニュース、ゲーム、情報サイトを使うのに慣れたユーザーが次は高機能な PDA に目を向けてくれるのか? いよいよ、2002年、2003年の動きには注目だろう。


iモード契約者 3,000万突破、iアプリも 1,000万突破


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)