第2世代ワイヤレス対応 Palm i705 登場、ただし日本での投入予定はなし

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

第2世代ワイヤレス対応 Palm i705 登場、ただし日本での投入予定はなし

■トピックスの内容

Palm が、同社第2世代となるワイヤレスハンドヘルドの「Palm i705」を発表する予定だと伝えられている。これは、同社の PalmVII の後継機に位置付けられるマシンだが、PalmVII 同様日本市場への投入予定はない。

基本的なスペックは、Palm m500 っぽい概観で、SDカードスロットと、8MB メモリ、モノクロ 160 x 160 モニタを備える。重量は通常の Palm より重く、GENIO e550X 等と同程度となっている。日本市場への投入予定がないということで今ひとつ盛り上がらない話題ではあるが、米国を始めとする世界では、Handspring の Treo といい、この i705 といい、ワイヤレスサービス機能を備えた PDA が続々登場している。

日本ではすでに Java機能を備えた N503iシリーズを始め、第3世代の携帯電話である FOMA もすでに発売、サービス開始済み。一方で、通信機能内蔵の PDA はメジャーな存在になっているとは言えない。この動きを進んでいるとみるか、遅れていると見るかは意見の分かれるところだろうが、メーカーさんにもいい機能はどんどん取り入れて、素晴らしい製品を開発してもらいたいものである。


第2世代ワイヤレス対応 Palm i705 登場、ただし日本での投入予定はなし


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3122d)