シャープが、SDカードスロット搭載のオーブンレンジを発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

シャープが、SDカードスロット搭載のオーブンレンジを発売

■トピックスの内容

シャープが SDカードスロット搭載のオーブンレンジを発売した。オーブンレンジに大型のカラー液晶パネルが埋め込まれており、SDメモリカードにダウンロードしたレシピなどを呼び出して見ることができる。

このオーブンレンジ、実は昨年 2001年のビジネスショーで試作品が展示されている。そのときには業務用としても巨大なものだったのだが、そのときの説明のとおり、家庭向けに通常シャープが販売しているものと同等のサイズで、もっともハイエンドな製品としてリリースされた。

ちなみに、シャープは電子レンジの高機能化には余念がなく、すでに 1999年頃から、ザウルス系列のPDA アイゲッティでダウンロードしたレシピを転送する機能を持った電子レンジなどを発売している。
今回はこうした流れに沿った製品と見られるが、反面、高機能化により単価を上げていかないと、近年家電製品の価格、利幅が大幅に悪くなっている状況を変えられないということもあるのだろう。

やはり、今こそ洗濯機、テレビ、クーラー、ビデオ級の大型製品が望まれる。なお、SDカードスロットを搭載した電子レンジは、松下電器もすでに発表済みだ。


シャープが、SDカードスロット搭載のオーブンレンジを発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)