名門アミガが、Pocket PC、WindowsCE.NET用のゲームエンジンとソフト4本を発表、すでに100本が開発予定

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

名門アミガが、Pocket PC、WindowsCE.NET用のゲームエンジンとソフト4本を発表、すでに100本が開発予定

■トピックスの内容

80年代〜90年代初期の名ホビー機といえば、やっぱり Amiga シリーズだ。今ではすっかり過去形になり、歴史にうずもれた感もあった開発元の Amiga 社だが、その後転々としながら、今では Amiga Anywhere というバーチャルプロセッサのようなものを提供し、自らもそのプラットフォーム用のソフトウェアを開発している。(いわゆるエミュレータではなく、Amiga Anywhere用にソフトウェアを書くと、その実行ファイルが様々なCPU上の Amiga Anywhere 上で動作することが保証されるという、JavaVM のようなものらしい)

そんな同社が Amiga Anywhere の具体的な事例として発表したのが、この「Amiga Anywhere Entertainment Pack#1」だ。本パッケージには、4本のソフトウェアが含まれている。

発表によれば、すでに出荷済みのはずの同パッケージだが、この原稿を書いている時刻(16日午前1時) には、まだ同社のサイトには価格は掲載されていないようだ。

今後、Amiga では、この Amiga Anywhere 用のソフトウェアとして、今後 100種以上のソフトウェアを開発予定ということになっている。最近は、ZIOSoft社など Pocket PC 用の本格的なソフトウェアが登場してきているが、通勤時間などでちょこちょこ遊ぶには単純で、ひねりの効いたものにはまるの事実。今後の同社の動きに注目したい。


名門アミガが、Pocket PC、WindowsCE.NET用のゲームエンジンとソフト4本を発表、すでに100本が開発予定


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3740d)