マイクロソフト、NTTドコモ、他3社のプッシュ配信試験サービスでモニターを追加募集

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

マイクロソフト、NTTドコモ、他3社のプッシュ配信試験サービスでモニターを追加募集

■トピックスの内容

マイクロソフト、NTTドコモ、他3社によって、今年の2月から開始されている、Webコンテンツのプッシュ配信実験サービスで、サービス設備の増強に伴い、モニターを追加募集すると発表した。

プッシュ配信は、サーバー側からクライアントにコンテンツを強制配信する技術。通常は、クライアント側からインターネットに接続した上で、サーバーにコンテンツをとりに行くのだが、プッシュ配信ではユーザーはあらかじめコンテンツの受信を許可しておけば、後は自動的にコンテンツが送られてくる。あたかも携帯電話のメール受信機能のようになるわけだ。

具体的には、ユーザーが事前に、監視したいWebサイト(URL)およびデータカード型PHS端末の電話番号を登録しておくことで、そのホームページが更新されたときにプッシュでユーザーのモバイル端末に通知され、モバイル端末側でそのホームページを自動的にダウンロードし、常に最新のコンテンツをオフラインで閲覧することができるようになる。

このサービスは、シグマリオンIIに搭載されている「Wake on Ring (着信したら電源を入れて受信処理を行う)」「Wake on Radio (電波状態がよくなったら電源を入れて、送受信の処理を行う)」という機能により実現されているため、現時点での対応端末はシグマリオンII に限られるが、順次対応機種は増えていくという。

本サービスは、NTTドコモの P-in 系の通信カードとシグマリオンII を両方所有するユーザーが対象になるが、今回、追加募集する人数には特に制限は無いようだ。

実験サービスの参加者の中から抽選で10名に Microsoft Windows XP Professionalがプレゼントされるという特典もあるので、WindowsCE FAN のユーザーで、この条件を満たす人は一度試してみては?


マイクロソフト、NTTドコモ、他3社のプッシュ配信試験サービスでモニターを追加募集


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)