「メモリースティック Duo」「メモリースティック-ROM」「メモリースティック-R」の3タイプのファミリー製品に、PS2、NTTドコモ「iショット」対応等が相次いで発表に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

「メモリースティック Duo」「メモリースティック-ROM」「メモリースティック-R」の3タイプのファミリー製品に、PS2、NTTドコモ「iショット」対応等が相次いで発表に

■トピックスの内容

ソニーは、6月3日「メモリースティックフォーラム2002」の会場において、かねてから発表済みの新規格メモリースティック「メモリースティック Duo」「メモリースティック-ROM」「メモリースティック-R」のうち、「Duo」が2002年7月から、また「メモリースティック-ROM」はすでに生産が開始できる状態になっていることを発表した。なお、「Duo」の価格は、従来のメモリースティックと互換性を保つためのアダプタを同梱した分高価になる他はほぼ同価格での登場となると言う。

合わせて発表されたのが、メモリースティックの応用分野だ。まず、NTTドコモの静止画撮影に対応した「iショット」サービス対応機が7月に。また、PS2を利用した音楽配信サービスでも、メモリスティックに音楽をダウンロードする機能が付与されることが明らかになった。

また、同日ソーテックは、同社が今後出荷する全PC にメモリスティックが採用されることを明らかにした。

メモリースティックの出荷累計は、既に2,000万枚を突破、その数も順調に増えていると言う。メモリースティックは、主にソニーが自社の製品に採用し、中でもデジカメや、ネットワークウォークマン、クリエなどの人気商品に採用されていることが大きいと思われる。しかし、一方のライバルと見られる「SDメモリ」では、Pocket PC や Palm 等に標準で採用されるほか、すでに携帯電話への搭載も先行している。多くの家電メーカーがすでにライセンスし、対応製品を発売済みなのも事実だ。今回の「Duo」の発売では、特に本体サイズから携帯電話への搭載が見送られていた事実を考慮し本体サイズを、SDメモリよりも小型・軽量化、将来をにらんだ巻き返しの第一歩と思われる。

後は、ライセンシーが増えて、1枚のメモリースティックがますます多くの機器で使いまわせるようになることを期待していこう。


「メモリースティック Duo」「メモリースティック-ROM」「メモリースティック-R」の3タイプのファミリー製品に、PS2、NTTドコモ「iショット」対応等が相次いで発表に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3773d)