京セラ米子会社、Palm 一体型の折りたたみ電話機を展示、折りたたみCLIEに負けない興味深いレイアウト

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

京セラ米子会社、Palm 一体型の折りたたみ電話機を展示、折りたたみCLIEに負けない興味深いレイアウト

■トピックスの内容

現在ニューヨークで開催されている「TECHXNY」において、京セラの子会社「Kyocera Wireless」は、Palm OS を内蔵した第3世代携帯電話「Kyocera 7135」を発表した。下記の「MYCOM」の記事をご参照いただきたいのだが、注目べきはその折りたたみ携帯型にどんな風に Palm をレイアウトしたか、だ。電話としての性能、また、Palmデバイスとしての使い勝手にも十分配慮したデザインになっているように思う。

ちなみに、「Kyocera 7135」は、Palm OS 4.1 を搭載し、メモリは 16MB、最大6万色のディスプレイを備えている。その分、最大連続通話は、3.5時間、連続待ち受け時間は 160時間と、それなり。しかし、その分 USB/シリアル接続で PC と HotSync できる他、外部キーボードなどを利用できるなど、折りたたみ携帯電話の形をした「Palm」デバイスだ。


京セラ米子会社、Palm 一体型の折りたたみ電話機を展示、折りたたみCLIEに負けない興味深いレイアウト


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)