NTTドコモ、噂のPocket PC 2002搭載機「musea」を正式発表、発売は9月6日で5万円台

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTTドコモ、噂のPocket PC 2002搭載機「musea」を正式発表、発売は9月6日で5万円台

■トピックスの内容


NTTドコモから「GFORT」以来ひさびさの登場となるPocket PC端末が9月6日発売されることが決定した。このPDA端末は「musea」という名がついており、OSにはPocket PC2002が搭載されるとのこと。

スペックはTypeIIのCFカ ードスロットを装備しているほか、 CPUにStrongARM 206MHzと64MBの内蔵メモリ、 および32MBのROM、6万5536色表示が可能な240×320ドットのTFT反射型液晶ディスプレイを搭載、と言ったような感じに仕上がっている。

重さはアルミを採用し180g、サイズの方は130.5×77.5×14.8mm となっている。電源にはリチウムイオン電池が採用され、非通信時には最大8時間、通信時には最大180分の駆動時間が可能となっている。気になる価格は最近のPocketPC端末に比べて安めの5万円程度となる見込み。

この他に大きな特徴は、赤外線ポートとUSB端子によってパソコンとデータの同期が図れるほか、ネット接続がFOMA、PDA、DoPa、PHSといった通信方式に対応しており、映像配信サービス「M-stage visual」また通話可 能エリアに移動すると自動的に起動してメールの送受信を行 ってくれる「Wake On Radio」機能等々が搭載されている。

TypeIIのCFカ ードスロットが一つとちょっと不満の部分も多いが価格が5万円程度と魅力的な部分も多いものとなっている。9月の発売が楽しみだ。


NTTドコモ、噂のPocket PC 2002搭載機「musea」を正式発表、発売は9月6日で5万円台


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)