本多エレクトロンから、128kパケット通信対応CF型Air H"カードが登場!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

本多エレクトロンから、128kパケット通信対応CF型Air H"カードが登場!

■トピックスの内容

8月9日、本多エレクトロンはDDIポケットの提供する「Air H" つなぎ放題コース」の128kbpsオプション対応端末『AH-H401C』を発表した。Windows CE 3.0以上にも対応しており、PocketPCでも手軽に128kパケット通信が利用できる待望の端末だ。アンテナは内蔵式で折れたりしにくいようになっているが、従来機種「CFE-02」に比べて端末からはみ出す部分が8mmほど長く、持ち運ぶ際には破損しないように若干の注意が必要となる。
フレックスチェンジ方式の「ネット25」に対応するなど、CFE-02に比べて機能は豊富であり、3.3/5Vの電源に対応するために、幅広い端末で使用することが可能だ。ただし、128k通信時の消費電力は200mAとなっており、PCカード型端末「AH-G10」と同等。CFE-02(80mA)の2倍以上の電力を消費するため、拡張バッテリユニットなどを併用するのが得策だろう。


本多エレクトロンから、128kパケット通信対応CF型Air H"カードが登場!


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)