Motorolaが「Windows CE .NET」に参入!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Motorolaが「Windows CE .NET」に参入!

■トピックスの内容

米Motorolaが手がけるPDA向けプロセッサ「DragonBall」が、「Windows CE.NET」をサポートすると発表された。

現在、Motorolaの設計したDragonBallプロセッサは、多くのPalm端末で利用されており、また、Pocket PC 2002端末には、消費電力削減および高速化といった点から、ハンドヘルド機向けプロセッサとして最も効率的とされているARMベースのチップが採用されている。

今回発表されたWindows CE向けの新しいDragonBallプロセッサは、Pocket PCなどで利用されている「ARM」をベースにしており、かなりの高速化を可能にする見込みだ。この新しいプロセッサは、Palm OSハンドヘルドの切り札としても期待されているため、同じPDA市場で競合する2つのプラットフォームが同じCPUを搭載するとも言われ、非常に興味深いリリースとなるだろう。


Motorolaが「Windows CE .NET」に参入!


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)