富士通PocketLOOX アップデートパック提供開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

富士通PocketLOOX アップデートパック提供開始

■トピックスの内容

富士通PocketLOOXにアップデートがリリースされた。修正内容は非常に多岐にわたり、重要な内容も多く含まれるため、ユーザーは早めにアップデートするのがお勧めだ。いわゆるEUU3の内容も含まれているため、WMPも最新版にアップデートされる。
修正内容などは以下の通りだ。

適用条件

・本アップデートパックは、次のソフトウェアに適用されます。

Pocket LOOX V1.1L10 (V1.1L10-JPN0038)

・対象機種

【2002年夏モデル】
Pocket LOOX (FLX2H)

改版履歴 (修正項目)

◇U001

1) Microsoftから提供された最新のシステム更新モジュールを適用しました。
・最新版のWindows Media Player 8.5 にアップデートされました。
・Pocket Internet Explorerにおいて、Tabキーがサポートされたため、フィールドの移動が可能になりました。
・Today画面に「Bliss」テーマが追加されました。

※Microsoftのシステム更新モジュールを適用することにより、Pocket LOOXに添付されているマニュアルの表記が変更になる個所があります。
2) 別売のシリアルケーブルによるActiveSync接続時に、セカンドバッテリの残量が正常に表示されない問題を修正しました。

3) 別売のシリアルケーブルによるActiveSync接続時に、Pocket LOOX側からパソコン側へのファイル転送速度が、パソコン側からPocket LOOX側へ転送する場合よりも遅い問題を修正しました。

4) LANカードをはじめてセットした直後に表示されるネットワークカードのプロパティ画面で、「IPアドレス」や「ネームサーバ」のタブをタップすると、異常なタップ音が鳴る問題を修正しました。

5) CFカードを抜き差しする時に、まれに「メモリカード警告」エラーが発生する問題を修正しました。

6) SDカードから音楽ファイルを再生している時に、CFカードをセットするとノイズが発生する問題を修正しました。

7) 通信カードによる通信性能を改善しました。

8) 特定のカードをPocket LOOXにセットしているとき、サスペンド状態であるにもかかわらずバッテリ残量が早めに低下する問題を修正しました。

9) IrDAプリンタに正常に印刷ができない問題を修正しました。

10) パスワードが設定がされている場合、セキュリティを確保するために、自動起動を実行しないように仕様を変更しました。

11) Windows Media Playerにおいて、「画面表示オフ」状態でも画面のタップが有効になっていた問題を修正しました。

12) LXバックアップツールでバックアップ/リストアする際に、パスワードを指定する仕様に変更しました。

13) LXメニューから多数のアプリを起動すると、手書き入力ができなくなる問題を修正しました。

14) LX Plugfreeの名刺の送信の互換性を修正しました。

15) LX PlugfreeからActiveSync接続している状態でサスペンドした場合、レジューム後に再度ActiveSync接続ができない問題を修正しました。

16) LX Plugfreeから携帯電話とのダイヤルアップネットワーク接続する場合、切断/接続を繰り返すと、エラーメッセージが表示され、LX Plugfreeをリセットしなければならなくなる問題を修正しました。


富士通PocketLOOX アップデートパック提供開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)