新幹線の駅で無線LAN - JR東海、4月から試験サービス開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

新幹線の駅で無線LAN - JR東海、4月から試験サービス開始

■トピックスの内容

無線LANを利用した街角ブロードバンド接続サービス(通称ホットスポット)。カフェや駅など、街角にいながら高速ネット通信できるサービスとして2002年に一気に増えたサービスだが、そんな中、新しくJR東海がNTTグループやプロバイダーとの共同で東海道新幹線のホームでの無線LAN接続の試験サービスを4月から開始する。

まず4月中旬に東京駅の新幹線ホーム待合室や駅構内の喫茶店、新大阪駅など5カ所で開始。7月中旬には新横浜や名古屋、京都など主要駅の10カ所前後まで拡大する。7月中旬までは無料で、それ以降は有料化する方針とのことだ。

新幹線の走行中の利用は今のところ難しいようだが、頻繁に出張するビジネスマンにとってうれしいサービスになりそうだ。無線LAN元年だったともいえる2002年だったが、その勢いはさらに広がっていきそうだ。今後は空港などでも利用できるようになるのだろうか。街角ブロードバンドの今後の動きに注目しておきたい。


新幹線の駅で無線LAN - JR東海、4月から試験サービス開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)