デジカメ内蔵「GENIO e550C」、本格辞書バンドル「GENO e550GD」。東芝からPocket PC 2002ベースの新2機種が登場

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

デジカメ内蔵「GENIO e550C」、本格辞書バンドル「GENO e550GD」。東芝からPocket PC 2002ベースの新2機種が登場

■トピックスの内容


 2003年3月5日、東芝は同社の Pocket PC 2002シリーズ「GENO e550G」シリーズの新機種「GENIO e550GD」「GENIO e550C」を発表した。「GENIO e550GD」は、従来の最上位機種「GENIO e550GX」に\14,000相当の本格辞書3冊をバンドルしたモデル、「GENIO e550C」はPocket PC市場初のデジカメ内蔵モデルとなっている。今回発表された新機種2機種は、いずれも、Intelが発表したばかりの新XScaleアプリケーションプロセッサ「PXA255 400MHz」を採用する。4インチ反射型大型液晶パネルや、SD/CF TypeIIスロット内蔵、薄型、軽量などの特徴は、GENIO e550GXと変わらないが、この新プロセッサの採用により、パフォーマンスが約23%向上し、バッテリ駆動時間が約30%延びるという。

 また同社によると、現在、東芝の「GENIO e550G」シリーズは、国内の Pocket PC 市場では、他社を大きく引き離して、No.1シェアを独走しているという。前機種「GENIO e550GX/GS」の発売からわずか3、4ヶ月での強力な新機種の投入は、さらに東芝のシェアを高めるものと予測される。魅力的な新機種の登場が嬉しい反面、他社からより一層魅力的な製品が投入されるのを望むばかりだ。


デジカメ内蔵「GENIO e550C」、本格辞書バンドル「GENO e550GD」。東芝からPocket PC 2002ベースの新2機種が登場


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3488d)