PDAがミニノートを超える日も現実に? Intel XScale PXA255、PXA260、PXA263正式発表、そして大幅に高速化した次世代XScaleへ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

PDAがミニノートを超える日も現実に? Intel XScale PXA255、PXA260、PXA263正式発表、そして大幅に高速化した次世代XScaleへ

■トピックスの内容

カシオ CASSIOPEIA E-3000、東芝 GENIO e550GD、GENIO e550Cに搭載されたIntel新XScaleプロセッサ「PXA255」が正式発表された。同時に、Flashメモリを搭載した「XScale PXA263」、従来に比べて50%小型化されて、低価格とバッテリ持続時間を向上した「XScale PXA260」も同時に発表された。これらのプロセッサには、200MHz/300MHz/400MHzでの駆動が可能となっている。

すでに採用デバイスまで登場した「PXA255」の場合、本サイトでの調査や、他のメディアの調査により、PXA255 のバススピードが 100MHz から 200MHz に高速化されたことが知られていたが、今回インテルの正式発表でこれらの内容が裏打ちされた格好だ。

あわせて、注目すべきは、次世代のXScaleプロセッサといわれる「Bulverde」と呼ばれるプロセッサだろう。ターゲットは、PDA向けプロセッサで大幅に性能が向上すると見られている。現行の XScale PXA255 400MHz は、クロック数だけみれば、Pentium Mベース 600MHz のプロセッサを搭載したソニーの「VAIO U」に追いつくところまで到達してきている。マイクロソフトとしては、OSの差別化に困るところかもしれないが、今後は表示画面はコンパクトだが、パワーはミニノート以上といったような逆転現象もおきるかも知れないと思うと、今後が楽しみだ。


PDAがミニノートを超える日も現実に? Intel XScale PXA255、PXA260、PXA263正式発表、そして大幅に高速化した次世代XScaleへ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)