NTTドコモから腕時計型PHSが登場、変形メカとOutlook連携

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTTドコモから腕時計型PHSが登場、変形メカとOutlook連携

■トピックスの内容

NTTドコモから、商用として世界初となる腕時計型のPHS電話機「WRISTOMO(リストモ)」が登場した。発売までには、まだしばらくかかるものの、当初は限定 5,000台規模の限定販売とするという。腕時計型というと、しばらく前にNTTドコモのCMでも流れていた「流星号応答せよ」を思い出すが、今回発売されるモデルは、腕時計に話しかけるというスタイルではない。いつもは腕時計型だが、リストバンド開閉ボタンを押すことで、ハンドセット状態に変形するというメカになっている。

サイズこそ腕時計だが、実際の重量は113gと意外と重い。また、連続通話時間が120分、待ち受け時間が200時間と、FOMAより電話機としての基本性能は劣るようだ。一方で、パルディオEメールをサポートし、全角3,000文字までの送受信が可能、Outlookの予定表や、連絡先と同期が可能など最新のPHSが持っている機能はすべて網羅している。

当初限定発売ということもあり、この手のガジェットマニアや、他人より早く手に入れて見せびらかしたいユーザーにはもってこいのアイテムといえるのでは? 反響が大きければ、WindowsCE FANでもぜひレポートしたいところだ。



NTTドコモから腕時計型PHSが登場、変形メカとOutlook連携


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)