1万円台前半ならこれもアリ。声も、手書きも、電子国語辞書もはいった電子情報メモ「PA-V500」

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

1万円台前半ならこれもアリ。声も、手書きも、電子国語辞書もはいった電子情報メモ「PA-V500」

■トピックスの内容

Linuxザウルスで気を吐くシャープから、新型電子手帳がデビューした。乾電池駆動で、103g。1万円台前半という価格ながら、国語辞書をバンドルしている。そして、PDAの基本であるスケジュール、約20分のボイスメモ、手書きメモを利用することができる。Pocket PCと違ってパソコンとの同期や、データのバックアップ、カラー液晶の利用などはできないが、PDAの高機能は不要。電子手帳として使えればまずは十分という割り切りができれば、案外いいマシンかもしれない。

ちなみにメディアで報じられる同機の価格は約15,000円。米国ではDELLやHPから低価格だが、XScaleを搭載するPocket PC 2002が登場している。米国ではキャッシュバックキャンペーンを入れて $199だから日本円では、\25,000を超える金額だが、同じ割り切るにしても、あなたならどっちを選びますか?


1万円台前半ならこれもアリ。声も、手書きも、電子国語辞書もはいった電子情報メモ「PA-V500」


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)