NTTソルマーレのキオスク端末「フービオ」、ついに首都圏に登場! 同時にNTTドコモ「musea」などが当たるキャンペーンも実施

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTTソルマーレのキオスク端末「フービオ」、ついに首都圏に登場! 同時にNTTドコモ「musea」などが当たるキャンペーンも実施

■トピックスの内容


NTT西日本の全額出資子会社であるNTTソルマーレ株式会社は、駅や空港などに設置したキオスク端末「Foobio(フービオ)」から、100Mbpsの超高速光ファイバー「Bフレッツ」を利用して、PDAコンテンツがダウンロードできる街角コンテンツ流通サービス「フービオ」を、2003年6月3日から首都圏で開始すると発表した。

このフービオだが、約1年前の2002年6月19日に開始したサービスで、大阪市内を中心に展開、WindowsCE FANでもピックアップニュースとして取り上げており、ぜひこういった面白いサービスは全国展開で、と期待していたが、1年越しでついに、首都圏に進出。関東在住の人も身近に利用できるようになった。

主なサービスは、映像や音楽、マンガ、雑誌など、2,000以上(※2003年6月現在)ラインナップされたPDAコンテンツがダウンロードできる「フービオコンテンツ」や、最近人気のカメラ付き携帯電話で撮影したデジカメ写真が印刷できる「フービオプリント」などがある。価格は、フービオコンテンツが50円〜数千円(1コンテンツ)、フービオプリントが40円〜100円(1枚)。

首都圏でのサービス開始当初の設置場所は、ビックカメラ有楽町店(計2台)、ビックカメラ新宿西口店(計2台)、ヨドバシカメラマルチメディア錦糸町(計2台)。その後、ビックカメラ各店舗、ヨドバシカメラ各店舗等の家電量販店を中心に、首都圏で130台程度のFoobio端末を設置し、PDAコンテンツのラインアップの充実と共に、今後さらにサービスを拡大していく予定とのことだ。

また、同時に今回の首都圏でのサービス開始を記念して、NTTソルマーレでは「“新”フービオデビューキャンペーン」を実施。NTTドコモの「musea」やカシオ「EXILIM EX-2」などが計15名に抽選であたる。キャンペーン期間は、2003年5月28日〜7月22日まで。応募は、PCもしくはケータイからとなっている。

2002年から徐々にではあるが、拡大し続けているホットスポットなどの外出での高速インターネットサービスだが、まだまだユーザーの認知度、利用頻度はもう少し、といったところがある。このフービオは、そういったホットスポットなどのようにインターネットができるというものではなく、PDAのメモリカードをフービオ端末に差し込み、新聞や雑誌、音楽などのコンテンツをダウンロードし、駅にあるキオスクのような感覚で街角で気軽にコンテンツを楽しむというサービスであるが、こういった外出先でのサービスは、今後ますます期待されるだけに、PDAユーザーはこれを機に、ビックカメラなどちょっと立ち寄った際にぜひ利用してみてはいかがだろう。会員登録はもちろん無料となっている。

  • “新”フービオデビューキャンペーンページ
  • フービオ公式ホームページ

    【“新”フービオデビューキャンペーン概要】
    (1)キャンペーン期間:2003年5月28日(水)〜7月22日(火)
    (2)賞品:

  • 「フービオコンテンツコース」: NTTドコモ「musea」 5名
  • 「フービオプリントコース」:デジタルカメラ カシオ「EXILIM EX-2」 5名
  • 「ソルマーレコース」:DVDプレーヤー ソニー「DVP-NS530」 5名
    (3)応募方法:PCもしくはケータイ
    (4)概要:キャンペーン期間中に「フービオ(Foobio)」端末から「フービオコンテンツ」「フービオプリント」「フービオメール」をご利用いただき、ご利用の際に発行されたレシートに記載されている番号、お客様のご連絡先等を専用の応募ページにてご記入頂くだけで、ご覧の賞品を各5名様ずつ、計15名様に抽選でプレゼント。


    NTTソルマーレのキオスク端末「フービオ」、ついに首都圏に登場! 同時にNTTドコモ「musea」などが当たるキャンペーンも実施


  • Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3705d)