基本性能を追求したスタンダードケータイ「N505i」が登場!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

基本性能を追求したスタンダードケータイ「N505i」が登場!

■トピックスの内容

iモード端末では常に販売台数の上位を占めており、今やケータイの定番といえるNシリーズ。やはり変えるなら慣れ親しんだ“N”がいいなと考えているユーザーもいるのではないかと思うが、ついに505iシリーズに「N505i」が加わることになった。

今回発表されたNEC製新iモード端末「N505i」は、メインディスプレイに2.4型 26万2,144色 QVGA高精細システム液晶、サブディスプレイに1.1型 65,536色120×160ドットのTFT液晶を採用し、サラウンド機能付きのダブルスピーカ、約32万画素のCMOSカメラ、miniSDメモリーカードスロットを搭載する。しかし、搭載する2.4型液晶もSH505iに比べ美しいかというとさすがに“液晶のシャープ”にはかなわないらしく、これまでに登場した505iシリーズのようにメガピクセルをうたっている訳でもない。さらに、50和音に対応したダブルスピーカも、着メロ全盛の時代が懐かしくも感じる今日では今さら感も否めない。それでは、「N505i」はどんなところが優れているのだろうか。

それは、従来の機能をより使いやすく高性能にした点だろう。それには、2.4型という大きなディスプレイを活かし画面を上下2分割することができる「ツインウィンドウ」機能や、iアプリ・Flashなどの高速化などが挙げられる。ケータイのメールはPCのメールと違い、メールの返信時に受信した文を引用するという習慣がないため相手の質問を取りこぼしてしまうこともあるだろう。しかし、ツインウィンドウ機能は、受信メールを画面上部に表示し、その下でメールを作成するというスタイルが可能で、相手の文を確認しながらメールを書くことができる。そのため、よりスムーズなメールのやり取りが可能だ。さらに、作成しているメールを表示しながら絵文字一覧を表示したり、スケジュール機能で1週間分の予定と1カ月のカレンダーを同一画面に表示するといった使い方もできる。

先日、ケータイのカメラで撮影した写真の利用方法として、74.7%のユーザーが「他の携帯電話にメールで送る」という調査結果が発表された。その結果からも分かるように、他のケータイに送ることのできない写真ならわざわざケータイで撮る必要もないと考えるユーザーも多く、現段階ではケータイにメガピクセルカメラが必要かどうかは疑問だ。今回の「N505i」のように、たまにしか撮らないカメラよりも、毎日のように使うメールなどの機能が充実している方がユーザーとしてはうれしい配慮なのかもしれない。



基本性能を追求したスタンダードケータイ「N505i」が登場!


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)