富士通 高精細4インチSVGA(800x600)液晶を搭載したポケットサイズ情報端末を試作

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

富士通 高精細4インチSVGA(800x600)液晶を搭載したポケットサイズ情報端末を試作

■トピックスの内容


2003年10月31日、富士通研究所は、4インチサイズながら、SVGA(800x600)画像を表示できる高精細液晶パネルを搭載したポケットサイズの情報端末を試作したと発表した。4インチでSVGA(800x600)表示できる液晶パネルを搭載した端末は世界初だという。

本機は、大型のPocket PCを一回り大きくした程度。Pocket PCと同等のサイズの液晶パネルに、SVGA(800x600)の高精細画像を表示することができる。また、ハードウェアアクセラレーションの機能により、表示画像のスムーズな拡大縮小機能があるという。本体には、CFスロットが搭載されている。さらに、IEEE802.11b無線LAN機能、Bluetooth機能、IrDA機能などが搭載されている。裏面にはカメラも内蔵している。また、ソフトウエア面では、VPN機能を搭載している。家庭内のホームゲートウエイと組み合わせることで、ネットワークにつながる外出先から、自宅や、オフィスのマシンを自由に操作するような用途を想定していると言う。

高精細液晶パネルというと、NTTドコモのシグマリオンIIIが 800x480という液晶パネルを搭載している。横が 800pixelあると、ほとんどのWebページの閲覧で、横スクロールが不要であるために、使い勝手が大幅に向上する。また、リモートデスクトップからのPC操作は、通信するネットワークにもよるが、必要なファイルを検索して中身を参照したり、メールをチェックしたり、といったような簡単な用途ではかなり実用性が高い。

現在はまだ技術的な可能性を示しただけという状況だが、CEATEC JAPAN 2003で「.u Pocket」という名称で展示されていたときには、業務用途向けにはソリューションとして販売していくことも可能と言うコメントだった。コンシューマ向けにもこうした高精細液晶パネルを搭載した「Pocket LOOX」をぜひ期待したいところだ。


富士通 高精細4インチSVGA(800x600)液晶を搭載したポケットサイズ情報端末を試作


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3709d)