NTT-BP、無線スポットアクセスサービス「無線LAN倶楽部」に従量制料金プランを導入〜月額 300円+300円/回で、高速無線LAN通信が利用できる

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTT-BP、無線スポットアクセスサービス「無線LAN倶楽部」に従量制料金プランを導入〜月額 300円+300円/回で、高速無線LAN通信が利用できる

■トピックスの内容

NTTブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)は、現在鉄道各社と共同で展開中の無線スポットアクセスサービス「無線LAN倶楽部」に従量制料金サービス「無線LAN倶楽部・ライト」プランを追加すると発表した。追加されるのは12月上旬から。このプランを利用すると、従来契約料 1,500円、月額基本料 1,500円で使い放題だったサービスに、契約料なし、月額基本料 300円、接続料金 300円/回 (1回は24時間以内) のプランが加わることになる。

こうした街頭での無線LAN接続サービスは、体験すると非常にありがたいサービスだが、月額 1,500円という料金は個人で支払うにはなかなか敷居が高かった。月額 300円なら、ちょっと外出が多い人や、PDA、PCのパワーユーザーなら、困ったときの保険のために支払っておくのもいいのではないだろうか。

同様の「HOTSPOT」を手がけるNTTコミュニケーションズでも、先月より、同社のCoDen (cocoaプラン)契約者向けに、+50円(cocoaとあわせて 350円/月) 支払うことで、同社のアクセスポイントを 8円/分で利用できるサービスがあるが、今回の「無線LAN倶楽部・ライト」の方がよりリーズナブルな印象が強い。

便利そうだけど料金ゆえに敷居が高かった無線スポットアクセスサービスだが、今回の新プランではそうした負担は少ない。自分の通勤、行動圏がサービスエリアに入っているなら、一度試してみてはいかがだろうか。最近のハイエンドなPDAなら、その効用を体感できるに違いない。


NTT-BP、無線スポットアクセスサービス「無線LAN倶楽部」に従量制料金プランを導入〜月額 300円+300円/回で、高速無線LAN通信が利用できる


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3127d)