PalmOS4.0 が発表に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

PalmOS4.0 が発表に

■トピックスの内容

低価格 Palm 互換機「Visor」に採用されていたのは、PalmOS3.1、ソニークリエなどカラーの Palm 互換機に採用されていたのは「PalmOS3.5」だった。
 これまでの PalmOS は、低消費電力が達成される、旧世代アーキテクチャのプロセッサを活用し、電子手帳としてバランスの取れた設計となっていた。
 このたび、Palm のカンファレンスで発表された「Palm OS」では、プロセッサが、iPAQ、Jornada720 と同じ、インテルの「StrongARM」アーキテクチャのプロセッサに変更される。また、同時に、Palm OS 4.0は16ビットカラーに対応,無線接続技術のBluetooth,USB接続,電話機能をサポートするという。
 現在は、そのスマートな概観と、独特の機能バランスで支持を得ている Palm だが、ハードウエアの条件が PocketPC と並ぶ、PalmOS でも、ユーザーの支持を獲得しつづけることが可能だろうか。
 ぜひ、WindowsCE OS のライバルとして頑張ってほしい。


PalmOS4.0 が発表に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3767d)