消費電力が従来の1/10? ATI、TI に次いで NVIDIA が携帯電話向け新型マルチメディアプロセッサを発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

消費電力が従来の1/10? ATI、TI に次いで NVIDIA が携帯電話向け新型マルチメディアプロセッサを発表

■トピックスの内容

米 NVIDIA は、300万画素のデジタルカメラ機能をサポートする携帯電話向けのマルチメディアプロセッサ「GoForce」の新シリーズ「GoForce 4000/3000」を発表した。

同シリーズは、デジタルカメラ撮影機能以外にも、CIF クオリティーの動画撮影が可能だ。そして、何より注目すべきはその消費電力で、同社の nPower テクノロジーの採用により、来製品に比べて10分の1以下という消費電力を実現。残りの通話時間気にすることなく、数時間の動画再生が可能とのことだ。

プロセッサはすでにサンプル出荷が開始されており、通常出荷も今年後半には行われる予定となっている。なお、同プロセッサを採用する携帯電話製造メーカーとしては、三洋電機の名前が上がっている。

ライバルである加 ATI テクノロジーズや、米テキサスインスツルメンツが相次いで高性能な携帯電話向けプロセッサを発表していることもあり、グラフィックまわりの性能に関して目新しさは感じない。しかし、その消費電力性能に関しては、じゅうぶん注目に値すると言えるだろう(ライバル各社が消費電力性能に関して詳細を明らかにしていないというのはあるが……)。


消費電力が従来の1/10? ATI、TI に次いで NVIDIA が携帯電話向け新型マルチメディアプロセッサを発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)