ビジネス・モバイルにも対応、マイクロソフトが Windows XP Service Pack 2 の新セキュリティ機能を公開

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ビジネス・モバイルにも対応、マイクロソフトが Windows XP Service Pack 2 の新セキュリティ機能を公開

■トピックスの内容

マイクロソフトは、3月8日に開催された「SECURITY SUMMIT 2004」で、Windows XP Service Pack 2(以下、SP2)に搭載予定のセキュリティ機能を公開した。

公開された機能は「Windows ファイアウォール」「セキュリティセンター」の二つだ。Windows ファイアウォールは、現在の Windows XP に搭載されているファイアウォール機能を強化したもので、従来はユーザー側で設定をする必要のあったファイアウォール機能が、はじめから有効になっている。また、アプリケーションがネットワークに接続する際に、許可するかどうかを問い合わせるダイアログが起動し、ユーザーが選択した結果をリスト化する機能も追加されている。また、セキュリティセンターは、Windows Update の自動更新設定、ウイルス防止機能が有効になっているかどうかをチェックする機能だ。無効になっている場合は、セキュリティセンターが起動して、バルーンによる警告表示を行う。

今回の SP2 は、これらの機能強化以外に、ビジネスでのモバイルPC利用を想定したセキュリティ強化がなされているのが特徴だ。これは、管理者が Active Directory のグループポリシーを利用してアプリケーションの変更を制限する際に、「有効」「無効」以外に、外出時の利用を想定してセキュリティレベルを強化した「例外を許可しない」設定が追加されているというものだ。また、セキュリティセンターの機能にも、モバイル利用時とドメイン接続時のプロファイルを自動的に切り替える機能が追加されている。仕事でノート PC をバリバリと使う営業マンや、企業の管理者にとっては、非常に重要性の高いプログラムと言えるだろう。

なお、今回の SECURITY SUMMIT 2004 の模様は、3月中旬より公式サイトにて公開される予定だ。2004年夏の SP2 公開まで待てない人は、公式サイトで、その機能の一端に触れておくのもいいだろう。


ビジネス・モバイルにも対応、マイクロソフトが Windows XP Service Pack 2 の新セキュリティ機能を公開


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3682d)