松下電器が WinCE3.0 で動く「DVD内蔵インターネット液晶BSデジタルテレビ」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

松下電器が WinCE3.0 で動く「DVD内蔵インターネット液晶BSデジタルテレビ」を発表

■トピックスの内容

松下電器が遂に WindowsCE 市場に参入する。
 といっても、残念ながらハンドヘルドPCや PocketPC といった既存のフォームファクターではなく、WindowsCE3.0 を組み込み用として使った「DVD内蔵インターネット液晶BSデジタルテレビ」としての発表だ。
 特徴は、15インチサイズのハイビジョンサイズ液晶モニタでありながら、BSデジタル放送に対応し、DVD 再生機能を備え、オマケに Internet Explorer 4.01 相当のブラウザを備えると言うもの。
 開発コンセプトは、ソニーの「AirBoard」に似ているような気もするが、こちらは家庭内モバイルと言うよりは、パーソナルBSデジタルテレビを目指しているように見える。
 DVD再生機能や、BSデジタル放送は、WindowsCE OS 上の機能としてではなく実装されている可能性も高いが、先日、これからも開発プラットフォームとして WindowsCE を使い込んでいくと発表したカシオをはじめ、WindowsCE が組み込み用 OS としてもブレイクする日は意外と近いのかもしれない。
 なお、発売は、来年2月末とのことだ。

※ 松下電器とマイクロソフトが提携したのは、確か1年以上前。さらに今年3月には、松下電器のオリジナルマイコンAM33 に WindowsCE を移植すると発表。当然、オリジナルの WindowsCE 機の登場が望まれていたが、今回「デジタルテレビの松下電器」ならではの発表となったようだ。


松下電器が WinCE3.0 で動く「DVD内蔵インターネット液晶BSデジタルテレビ」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)